ソラメンテが選ばれる理由


理由はかんたんです。

 

メンテナンス時に現行のツールが使いづらいと思われている保守点検のご担当者様

メンテナンス太陽光発電のメンテナンスを始められるユーザー様にとって

 

わかりやすく・つかいやすく・はやい

 

からです。

 

天候変化の影響をほとんど受けない

高度な専門知識や熟練は不要

短時間に故障パネルを見つける

 

のが選ばれている理由です。

 


天候変化の影響を受けない


太陽光パネル 点検 ツール 天候

発電出力は日射量により変化します。

一般的に行われている電流・電圧による発電量測定は、天候の移り変わりに伴って測定値が刻々と変わるので、直列枚数の多いストリングから故障パネルの有無を判断することが難しく、再測定などの時間や手間がかかります。

太陽光パネル 点検 ツール 天候 変化

 

ソラメンテ-Zは、パネル点検のステップ1の故障ストリング検出のため、ストリングの開放電圧とインピーダンス(抵抗値)を測定します。

クラスタ故障の判定データとなるインピーダンス値は、アイテス独自のアルゴリズム*1により、天候変化(日射量変化)の影響をほとんど受けません。

天候に左右されず点検ができるので、作業計画を立てやすく、メンテナンス効率が大きく向上します。

 

*1 アイテスのインピーダンス測定手法は特許取得済みです


高度な専門知識は不要


太陽光パネル 点検 故障 IV
太陽光パネル 点検 故障 IV

メンテナンス現場から、点検データは測定できたものの、

測定値の差が天候変化なのか、故障なのか、影なのかわからない。

結局、何を測っているのかわからない、といった声を良く聞きます。

 

ストリングチェッカー:ソラメンテ-Zは故障ストリングがあればその場で表示、

パネルチェッカー:ソラメンテ-iSは発電していない箇所を直接センスして見つけます。

データ判別のための高度な専門知識は不要で、現場で容易に判定できます。


短時間に故障パネルを見つける


太陽光パネル 点検 故障 ソラメンテ Z

メンテナンスは時間との勝負です。

ソラメンテ-Zは、例えば8ストリング接続箱では1分程度で測定が完了します。

発電所の規模によりますが、実績では1メガで約2時間~半日程度で測定完了し運転を再開、データは3000件まで本体に記録されます。

あらかじめ発電所番号、接続箱番号を本体に入力しておけば、点検後のデータ整理もスムーズに行え、毎回頭を悩ませる報告書の作成作業も大幅に効率アップできます。

太陽光パネル 点検 故障 ソラメンテ iS

 

ソラメンテ-iSはソーラーパネルの表面をセンサーでスキャンして発電電流の有無を直感的に判断できます。

パネル1枚を5秒程度でチェック、しかも発電中にチェックできるので、メンテナンスのための運転停止(出力ロス)は不要です。


点検時の悩みを解消


太陽光パネル 点検 故障 悩み 解消

太陽光パネル 点検