◆営業レポート◆


MMvol.4 31210TN 2013/12/18


アイテス太陽電池総合ソリューションのご紹介


アイテスは、太陽電池のすべてのフェーズで、あらたな評価検査スタイルを提供するトータルソリューションの会社に変貌しました。太陽電池をつくる、から、つかうまで、すべての検査ニーズに応えるアイテスソリューションテクノロジーをご紹介します。


太陽光 パネル 点検 ツール ソラメンテ セミナー

太陽光発電の基本素子である太陽電池セルをご覧になったことがあるでしょうか?

この約15cm角の薄いシリコン板は、端をつまんで持ち上げると自重でパリン!とわれるほどもろくて弱いものです。このセルを50枚前後直列に並べて樹脂で封止、表面に強化ガラスを装着しフレームに仕上げたものがソーラーパネル(モジュール)ですね。頑強に見えるパネルの中に封じ込められた複数のセルやアルミ配線に亀裂や剥離などがあれば、発電に影響を与え出力ロスにつながります。ただ、これらの欠陥セルや故障、劣化の内部の状態は表面からは全く観察することはできません。

アイテスの総合ソリューションは、表面からは見えない潜在欠陥を先端技術で見える化します。開発生産の評価検査から設置現場の保守点検まですべてを網羅し、お客様の課題解決を支援しています。

ソーラー開発、生産に寄与する評価検査技術

■太陽電池のレントゲン

この潜在する各種欠陥を、表面から非破壊で鮮やかに捉えることができるのが、アイテスのイメージング技術。太陽電池に関する技術資料や文献によく掲載されている紫色の画像は、業界実質標準となっているアイテスのEL画像なのです。EL画像は、太陽電池のレントゲンといわれるほど、鮮明に欠陥を写しだします。太陽電池EL画像検査装置PVXシリーズは、太陽電池に通電し、近赤外波長のEL微弱発光を観測、潜在不良を顕在化させます。


■注目のPLイメージング

最近注目されているのが、PL画像です。通電に反応しない欠陥や、素子自身の欠陥も検出できるあらたな手法で、その効果が評価され研究開発系を中心に積極的に導入されています。光照射で、また非接触なので、電極のない半完成品にも適用できます。同じサンプルをELとPLで撮像し、さらなる故障モードの切り分けをすることができます。POPLIはPVXのオプションとしてPVXカメラでPL撮影を行い、ELでは見つからない故障モードを見つけます。

ソーラーシステムを安定稼動に導く2スップ

■保守点検の重要性

太陽光発電システムは、導入後の安定稼働が求められますが、3%といわれるパネル故障率、経年劣化など出力ロスに結びつく要因はシステムに内在しています。 設置パネルの選別から効果的な保守点検まで、安定出力の維持と運用につながるソラメンテ点検手法を紹介します。


■故障系統検出

発電量低下を招いている発電系統(ストリング)の切り分けを行います。接続箱から診断プログラムを流し、低出力ストリング系統を検出することができる一次検査装置です。

ソラメンテーZ

■故障パネル特定

低出力系統の全パネルを表面からチェック、発電電流がない(反応しない)バスバーまたはクラスタを検出し、低出力パネルを特定します。

ソラメンテーiS



サイト内検索



一般社団法人 太陽光発電協会

一般社団法人 太陽光発電安全保安協会
一般社団法人 日本太陽光発電検査技術教会
一般社団法人 太陽光発電アフターメンテナンス協会
一般社団法人 日本太陽光メンテナンス協会


〒520-3031

滋賀県栗東市綣1丁目17-8-501

株式会社アイテス

栗東事業所分室 製品開発部

TEL:077-599-5040 FAX:077-554-6173