写真提供:株式会社エネテク(写真はイメージであり、本文中の点検事例とは異なります)

ドローンと組み合わせた点検

ドローンでのパネル点検

ドローンによるIR画像
ドローンによるIR画像(マークの部分がホットスポット)

ドローンによるパネル点検は、発電所全体の状況が把握できて、地上点検を効率化できるメリットがあります。ドローンによる点検は…

  • IR画像〈ホットスポットのチェック〉
  • カラー画像〈パネル表面の外観チェック〉

をチェックするのが一般的です。ところが、ドローン点検だけで安心していると、思わぬ落とし穴があります。

実は、ホットスポットが見つかってメーカーにパネル交換を要望しても、メーカー保証の対象として応じてもらえないことががよくあります。太陽光パネルのメーカー保証は、「製品保証」と「出力保証」です。出力保証を受けるためには、出力保証値を下回ったという証明が必要です。ドローン測定によるIR画像は、出力保証のエビデンス(証拠となる)データとして扱われず、別のエビデンスが必要となることがよくあります。

地上での精密点検

パネル裏面からのサーモ画像
パネル裏面からのサーモ画像

ドローンによる点検で、ホットスポットが見つかった箇所を重点的に精密点検をします。ソラメンテを活用した例では、

  • クラスタ単位のホットスポット=クラスタ故障の可能性あり
    • ソラメンテ-Zでエビデンス(証拠となる)データを取得
    • ソラメンテ-iSで判定
  • ストリング単位のホットスポット=ケーブル高抵抗化の可能性あり
    • ソラメンテ-Zでエビデンス(証拠となる)データを取得 ※ケーブル高抵抗化の場合、ソラメンテ-Zでデータ取得できない場合があります。
    • Z/iS連携キットで高抵抗化している位置の特定

等が挙げられます。ソラメンテを使うと、クラスタ故障やケーブル高抵抗化の有無と故障パネル特定が明確になるので、すばやい出力回復に繋がります(例:クラスタ故障パネルの特定→交換交渉・工事、ケーブル高抵抗化位置の特定→修繕工事)。

ユーザー様のドローン点検事例では

今回、写真をお借りしたユーザー様のケースでは、ドローンによるIR画像を撮影後、パネル裏面からサーモ画像を撮影してホットスポットと確定。ソラメンテ-Zによる点検で、エビデンス(証拠となる)データを取得後、ソラメンテ-iSでバイパス回路ショート故障と判定。特定された故障パネルは、保険を適用して交換されました。

パイパス回路ショート故障に関しては、自然災害(落雷)による故障と判断されることが多く、メーカー保証の対象外になることが一般的です。そのため、パネル交換には加入している損害保険が適用されています。