ソラメンテ通信 2019.02.08【vol.61 】


いつもソラメンテ通信をご覧頂き有難うございます。

今回は、住宅用太陽光発電システムの点検事例についてご紹介します。

 

■◆■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ vol.61━━

ソ ラ メ ン テ 通 信 

───────────────────────────────■◆■

┼─ INDEX ─────────────────────────

│ [1] ソラメンテユーザーレポート 新エネルギー流通システム株式会社様

│ [2] 住宅用太陽光パネルのクラスタ高抵抗化の現場点検事例

│ [3] あとがき・・・住宅用太陽光発電システムの保守・点検について。アイテスの思い。

┼──────────────────────────────

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[1] ソラメンテユーザーレポート 新エネルギー流通システム株式会社様

   住宅用陽光パネルの故障により発電量が低下!

~ソラメンテ-iSでバイパスダイオード故障を特定。落雷被害を想定~

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 オール電化の販売からスタートした新エネルギー流通システム株式会社様。

 現在は、住宅用太陽光発電システムの施工とメンテナンス事業をメインとして、

品質とアフターを重視したビジネスモデルを背景に実績を積み重ねておられます。

今回は、同社による住宅用太陽光発電システムの発電量低下を伴う不具合対応と、

パネル交換の現場事例についてドキュメンタリー形式でレポートいたします。

詳細は下記のURLからご覧ください。↓

https://www.solamente.biz/news/u-report1902/

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[2]  住宅用太陽光パネルのクラスタ高抵抗化の現場点検事例

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

施工後10数年の住宅屋根に設置された4KWの太陽光発電システム。

晴天にもかかわらず導入時の1/4程しか発電していない。

ソラメンテによりクラスタ高抵抗化した故障パネルの特定を行い、

発電低下の原因を迅速に特定した現場点検事例をご紹介します。

詳細は下記URLからご覧ください。↓

https://www.solamente.biz/news/solabook/mb2-2-15

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

[3] あとがき・・・住宅用太陽光発電システムの保守・点検について

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今月は、これまで取り上げることが少なかった住宅のO&M事例をご紹介しました。

 

我々アイテスは、2000年代後半より、多くの太陽電池の公的研究機関、メーカー様、

大学にセル、パネルの研究・開発、製造用途で EL、PL(※)検査装置をお使いいた

だき、O&M用途ではソラメンテを全国でご愛顧、有効活用していただいています。

 

それらの過程では、産業用発電所だけではなく、個人が所有される低圧発電所、

そして、住宅についても常に様々な事例、お困りごと、ご要望をいただいております。

これらを通じて蓄積した知見は、今後一層、皆様に「住宅向けにフィットした」、

有益な情報、製品、サービスとしてお届けしてまいります。

 

 太陽光発電業界の各トップの方々の年頭所感を拝読、拝聴しましても、今年は

「卒FIT」「自家消費型への移行」「ソーラーシェアリング」「主力電源としての自立」

「セカンダリー、リユース、リサイクル」をキーワードとして提唱されており、

正に太陽光発電にとって第2の元年とも言えるフェーズであると、アイテス社員一同

身が引き締まる思いです。

 

今回ご紹介した住宅の雷害以外にも、近年の自然災害、地域住民への安全、環境配慮、

事故など、必ずしも追い風ばかりではない出来事、正面から対処すべき課題が太陽光

発電市場にあることも事実です。

微力ながらもアイテスはそれらの解決に向け、市場に貢献していく所存です。

 

市場関係者、メディア、一般住民から様々な情報、ご意見が飛び交う中、

私たちは何より、太陽光発電システムのことをきちんと説明する必要があると思って

おります。

 

太陽光発電はメンテナンスフリーではないこと、

そして、きちんとメンテナンス(竣工点検と定期点検)をすれば住宅、産業用途共に、

安全な電源であること。

 

産業用太陽光発電は “事業” ですからオーナー様自身が発電事業者として

しっかりとメンテナンスを行う自覚をもっていただく必要がありますが、

住宅オーナー様に対して発電事業者たる意識を持て!といってもこれはなかなか理想

通りに行かない点は否めません。

 

やはり、業界のプロである、メーカー、販売会社、施工会社、保守点検会社、

業界団体、そして私たち点検機器メーカーが、それぞれプロとして安全の意識を持ち、

サポートすることが必要です。その役割をしっかり果たした上でオーナー様に安心して

いただける太陽光発電を提供する。

そして、長期に亘って健全に発電を維持できる “仕組み” を住宅用太陽光発電の業界

関係者自ら作っていくことが必要ではないかと考えています。

 

 

太陽光発電はしっかりメンテナンスすれば、10年、20年以上発電し続けます。

太陽光発電が、住宅においても、日本の主力電源としてどんどん導入され続け、発電し

続けられるよう、今年は我々アイテスも、住宅向けに最適化した製品、サービス、さら

にはその“仕組み”づくりにも貢献し、この業界に長く貢献して行きたいと考えており

ます。

 

 

【住宅について、関連情報と参照】

消費者庁 報告 (2019年1月28日)

https://www.caa.go.jp/policies/council/csic/report/report_012/

 

太陽光発電協会(JPEA) 、日本電機工業会(JEMA)声明 (2019年1月28日)

http://jpea.gr.jp/topics/190128.html

http://jema-net.or.jp/Japanese/res/solar/20190128.html

日経XTECH(日経BP社)の報道記事 (2019年1月31日)

https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/feature/15/302961/013000105/?ST=msb

スマートジャパン(ITmedia社)の報道記事(2019年2月7日)

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1902/07/news026.html

 

(※)  EL   :ElectroLuminescence

        PL   :PhotoLuminescence

 

■      発行元 ───────────────────────■

株式会社アイテス 製品開発部  営業課 谷畑

〒520-3031 滋賀県栗東市綣(へそ)1丁目17-8-501

TEL:077-599-5040、FAX:077-554-6173

問合せメール:sales02@ites.co.jp

ホームページ:https://www.solamente.biz/

■───────────────────────■

本メールはアイテスのお客様、過去にイベント、セミナーにご来場されたお客様、

弊社ホームページを通じてお問合せをいただいたお客様、弊社営業担当者が

お名刺を交換させていただいたお客様に配信しております。

 ○ 今後、当メールの配信を希望されない場合、大変恐縮ですが

   sales02@ites.co.jp まで件名「配信停止」として空メールをご返信下さい。

 ○ アイテスの製品についてのご意見・ご希望など

   sales02@ites.co.jp までお気軽にご連絡ください。

 ○ アイテスの個人情報保護方針についてはこちらをご覧ください。

   https://www.ites.co.jp/company/footerlink.html

 


vol.60Contents

サイト内検索






〒520-3031

滋賀県栗東市綣1丁目17-8-501

株式会社アイテス

栗東事業所分室 製品開発部

TEL:077-599-5040 FAX:077-554-6173