電圧測定では見逃す“高抵抗化クラスタ故障”とは?


発電出力の低下に直結する太陽光パネルのクラスタ故障。この電流配線路の導通不具合の故障には3種類ありますが、なかでも従来の点検方法で特定することが難しい故障、がクラスタの高抵抗化です。

この見逃しやすい高抵抗化クラスタ故障を現場の事例を交えて解説します。  (2017年5月)


図1. ソーラーパネルの故障と寿命
図1. ソーラーパネルの故障と寿命

■クラスタ故障はいつ起きるのか?

 

ソーラーパネルの故障の種類はさまざまです。

図1.はソーラーパネルの故障モードと経過年月の関係を表しています。

ソーラーパネルの故障には発生時期観点では下記3種類のフェーズの故障があります。

①初期不良・・・早期に出力低下を伴う故障:物理的なダメージや製造工程での不良によるものがあげられる

②中期不良・・・中期の故障として、稼動時間に応じて症状が進行していく故障がある

③老朽化による不良・・・保証期間を越えて使用寿命となる長期の故障(自然劣化)

発電量維持のためには、メーカーの保証条件を満たさない故障パネルを特定し、速やかに交換することが重要となります。現場では実際に初期、中期にこのような故障が発生しており、これらの故障モードをクラスタ故障と呼びます(図2.)。いずれもパネルの製品保証期間内でも発生している現状があります。

 ソーラーパネル クラスタ故障 出力低下
図2. ソーラーパネルのクラスタ故障と出力低下

■クラスタ故障の種類

 

(1) クラスタ断線 : インターコネクタの接続不良、ハンダ外れ、ハンダクラック、ジャンクションボックス内の接続不良が主な原因である。

(2) クラスタ高抵抗化 : 上記のクラスタ断線に至るまでの過渡的な状態で発生することが多い。

インターコネクタとセルの電極の接合不良により接合部の接触面積が小さくなることで接触抵抗が大きくなり、電流が流れにくい状況を引き起こす。

(3) バイパスダイオード短絡 : 主には被雷(直撃雷、誘導雷)により、バイパスダイオードが短絡状態となる。クラスタの発電電流が迂回回路を逆流してしまう。経年劣化でも起こる。

クラスタ故障についてはアイテスが無料で配布しているメンテブックに詳しく掲載しています。

■ハンダ接合部不良を見てみると?

 

図3.は、アイテスでの冷熱衝撃サイクルによる加速試験により発生したモジュール内部配線の顕微鏡写真です。ハンダ接合部でクラックが発生していることがわかります。

インターコネクタとセルの電極の接合不良により接触面積が小さくなることで接触抵抗が大きくなり、電流が流れにくい状況を引き起こしている高抵抗化の状態、ということがわかります。

このような高抵抗化の状態により発電電流がバイパスルートに迂回してしまうと、パネルの出力は1/3低下してしまいます。

加速試験によるクラスタ断線の発生
図3. 加速試験によるクラスタ断線の発生

■ 高抵抗化クラスタの故障事例

 

大規模メガソーラーで潜在的に発生していた高抵抗化クラスタパネルをソラメンテ点検により特定した事例です。

高抵抗化クラスタの故障事例
高抵抗化クラスタの故障事例

■もっと詳しく知りたい

 

このような故障事例はメガソーラーだけでなく、低圧産業用や住宅用の太陽光発電においても発生している事例が有ります。アイテスが無料で配布しているメンテブックでは、現場でのメンテナンス事例を多数掲載しています。

 

「メンテブック」のお申込みは こちら から

 

 

 

アイテスのセミナーでは、現場での故障事例とソラメンテによるメンテナンス事例を詳しくご紹介しています。

 

セミナーのお申し込みは こちら から

 

(1)FAXによるお申込み

「O&Mセミナー申込書」をダウンロードいただき、必要事項をご記入のうえ、送付してください。

 

(2)電子メールによるお申込み

「O&Mセミナー申込書」と同様の内容を記載し、下記の申込書送付先アドレスまでご送信ください。

O&Mセミナー受付メールアドレス: sales02@ites.co.jp 


ダウンロード
営業レポート : 電圧測定では見逃す“高抵抗化クラスタ故障”とは?
発電出力の低下に直結する太陽光パネルのクラスタ故障。この電流配線路の導通不具合の故障には3種類ありますが、なかでも従来の点検方法で特定することが難しい故障、がクラスタの高抵抗化です。この見逃しやすい高抵抗化クラスタ故障を現場の事例を交えて解説しています。
V41SR高抵抗化クラスタ故障とは_20170523.pdf
PDFファイル 554.9 KB


サイト内検索






〒520-3031

滋賀県栗東市綣1丁目17-8-501

株式会社アイテス

栗東事業所分室 製品開発部

TEL:077-599-5040 FAX:077-554-6173