新製品情報


2017年2月15日 ソラメンテ 新機種発表


アイテスのソラメンテは、太陽光パネルの健全性を判断する点検装置として、天候の影響をほとんど受けず、結果がわかりやすいとご好評をいただいています。

これまで1000台以上が太陽光発電関連事業者様に導入され、太陽光パネル点検に活用されています。

 

 

 

この度、全面改良したソラメンテ新製品2機種 および 新点検モードを発表しました。

本新製品は、これまでの多くのユーザー様の現場の声を反映し、さらには多数の太陽光パネル点検事例から得た探索技術を検証し、新規に開発しました。

あらたな太陽光点検・保守の時代を迎える今年4月の改正FIT法の施行に先んじて 3月1日(水) から販売を開始します。

 



自動測定機能により点検効率をさらに向上させた

ソラメンテ-Z モデルSZ-200 

 

故障検出性能を向上させ、プローブコンタクトで自動測定を開始し両手が使える便利機能を搭載。

また、従来の2倍となる大画面LCD表示、測定ヵ所が入力できるとともに測定データの記憶容量が大幅アップ、など使いやすさと点検効率を向上させました。

 

Z/iS連携モード(2017年夏発売予定)に対応する機能も内蔵しています。

 

ソラメンテ-Z モデルSZ-200 の詳細は こちら


曇りもOK! 使いやすさをさらに向上させた

ソラメンテ-iS モデルSI-200 

 

高感度センサーを搭載し、曇りなどの低照度測定に対応、省電力機能や現場での操作性、耐久性を向上させる、など使いやすさが進化しました。

 

ソラメンテ-iS 従来機種の多岐にわたる現場点検体験、故障特定手法の経験、ユーザー様からの貴重なご意見をもとに、使いやすさと点検効率を向上させる新設計技術を導入しています。

  

Z/iS連携モード(2017年夏発売予定)に対応する機能も内蔵しています。

 

ソラメンテ-iS モデルSI-200 の詳細は こちら


強まる非発電時のパネル点検ニーズに対応!

ソラメンテ-Link Z/iS連携キット 

 

竣工検査や停電点検などの発電停止状態で故障パネルを発見するソラメンテの新機能。SZ-200とSI-200が連携する新点検方式です。

 

 Zから発信⇒iSで受信する独立点検モードで、竣工前、停電時の点検ニーズに対応、シンプル操作で約3秒/パネルの高速点検を実現しています。

 

Z/iS連携モードに対応できる機能を搭載したソラメンテ-Z(SZ-200) およびソラメンテ-iS(SI-200)は2017年3月に発売予定です。

Z/iS連携モードを機能させるZ/iS連携キット(別売オプション)は

2017年夏に販売を開始する予定です。

 

ソラメンテ-Link Z/iS連携キット の詳細は こちら

 


リンクマークについて

Z/iS連携モードに対応できる機能を搭載したソラメンテのモデルには

このリンクマークが表示されています。

非発電時のパネル点検ができる Z/iS連携モード は、Z/iS連携キット(別売:2017年夏発売)と リンクマークのついた新ソラメンテ機器が必要です。

 

 



太陽光パネル 点検

戻る>>>  製品・サービス