メンテナンス コンセプト


株式会社アイテスは

太陽光発電メンテナンスの基本理念を

スピード ・ 正確性 ・ 結果を出す

と考えています

 

メンテナンス=コスト

との認識から

メンテナンス時間・労力を最小限化

正確な故障の特定

出力回復に結び付く結果をだす

ことを目標に

つかいやすい わかりやすい

ソーラーパネル点検ツールを開発、提供しています


スピード


太陽光パネル 点検 スピード

ソラメンテによるメンテナンスは測定から始まります。太陽光発電システム構成の大多数を占めるソーラーパネル群の数は膨大、1回の測定時間がトータルのメンテナンス時間を左右します。

ソラメンテは従来点検の、セットアップに時間がかかる、1回の測定時間が長い、操作がしにくい、などのマイナス要因を排除し、スイッチオンですぐスタート、約10秒測定、またシンプルでつかいやすい操作性を確保しました。

正確性


太陽光パネル 点検 正確

ソラメンテは、発電出力が1/3減少するクラスタ故障を中心に検出、特定するよう設計されています。

ソラメンテ-Zで故障ストリングを検出、さらに稼働時の発電の有無をソラメンテ-iSで直接チェックするので、確実にクラスタ故障を特定することができます。

たとえば10%程度出力が低下しているパネルなど、あいまいでパネル交換条件に合わないものは、あえて外して、確実に交換できるパネルを特定します。

結果を出す


太陽光パネル 点検 故障 結果

メンテナンスの最終目的は失った出力を回復させることです。

1クラスタの故障で出力ロスが33%となります。これはパネル無償交換条件(一般的に出力81%を下回るパネルが対象)を満たすので、交換することにより出力回復が図れます。交換条件に満たない故障パネルを見つけても、アクションは取れずメンテナンスは徒労に終わります。

ソラメンテは出力回復に結び付く、結果を出すツールです。



太陽光パネル 点検 

NEXT>>> ソラメンテ-Z